大体の話スレンダーで美しい女性は快便である。
ちょっといい方が下品ではあるが、やっぱりそう思わざるを得ない。
なぜならば、便秘と美は切っても切れないものと考えるのが妥当だと思うからだ。
基本的に、運動不足と食事の内容、あと・・・性格・・・が便秘の元になるわけだが、運動不足になると、筋力が衰え次第に踏ん張りも効かなくなるので便秘になってしまうことがある。特に宿便は水分も再吸収されるのでカチカチになってしまい、まさに手強い存在なのである。
じゃあ下痢になれば出るじゃん!という考えはあってはいるが、非常に良くないことなのである。
便秘・下痢ともに腸内環境が悪化していることの証拠なのである。
過敏性腸症候群という言葉を聞いたことがある人も多いと思うが、まさに便秘と下痢を繰り返す症状で、私も患っていたわけだが(自称)これは、日常生活に支障をきたす厄介な症状なのである。
おもに上げると、まずお腹の痛み、張り、おならの多発、冷や汗、面倒くさい感、動きたくない感、急な下痢症状、急な腹下し、呼気の悪臭、運動しても痩せない感、ポッコリお腹、食欲増加、アンパンマンと言われる、豚というあだ名をもらう・・・などという弊害をともなうわけである。
これらは、おもに便秘を甘くみた結果なのである。
現在アラフォーという年齢の私だが、便秘に気をつけるようになってからはまぁまぁ調子がいい。
しかし、長年染み付いた便秘習慣の後遺症というものはけっこうしぶといのである。
どうやら、私の腸は便が溜まりやすい構造になっているとしか思えない。
毎日出すためには、細心の注意を払う必要性を感じている。そうしないと簡単に便秘になってしまうのだ。だから1日でも早く便秘の人は便秘体質から抜け出した方が自分のためだよとアドバイスしたいと思うのである。