大体の話、太っちょは便秘である。
ここで、なぜ便秘が太る原因になるのか書いて見ようと思う。
まず、便秘とは何か?

便秘とは、ヒト、または他の動物において便の排泄が困難になっている状態の総称のことを言います。

原因は消化管の狭窄や閉塞による便の通過障害や臨床的には異常を認めない慢性型機能性便秘など多岐にわたるが、自覚症状として血便・腹痛・吐き気・直腸残便感・腹部膨満感・下腹部痛・食欲不振・めまいなどのほか、肩や背中に放散痛を伴う場合もあります。

要するに、便が溜まって出ないことであるわけだがこの状態が長引くのが本当に良くない。
便秘で食欲不振になる人もいるようだが、私もそうなれば有難かった・・・。
単純に、便は長く大腸にとどまれば腐敗して臭さが増すものである。もちろん腐敗するとガスが多く発生しておならが出やすくなる。
便秘により腐敗した老廃物は体に再吸収され体臭の原因になることもある。そして慢性的なニキビに悩まされる原因にもなるのである。便秘が解消したらおでこのニキビが消えたなんて話はよく聞く話である。
便秘が太る原因となる理由には、そもそも運動不足という状態にあることの現れであるようだ。便でお腹が圧迫されて運動したくなくなるという心理状態も関係あるというが、そもそも運動が嫌いな私は悩むところである。
便秘を放置すると、代謝が落ちることにつながり太るという。
そもそも便は、いらないものである。いらないから出さないといけないのにまだそこのいるのである。便にはその時には必要でない脂肪分などが含まれていたりするわけだけど、腸はまだそこにある宿便からも栄養を再吸収しようとしてしまうのだ。恐ろしい・・・。